2014年6月1日日曜日

ナイトdeライト シンガポールコンサート


    札幌を拠点とする、希望を歌うロックバンドが、シンガポールにやってきます。
全員クリスチャンで、3人は牧師の息子ですが、歌う歌詞の中に、神とかイエスという言葉は出てきません。しかし、そこで伝えたいメッセージは、人生の応援歌。「終わらない夢」や希望。 彼らに希望を与え続けているその源を知りたくなります。          シンガポール公演  
7月11日(金)午後8時~  カベナント福音教会                                        7月12日(土)午後4時~ セント ジョージ教会  
場所など詳しい情報は専用 website http://nightsg.blogspot.sg/
                                               メール nightdelightsg@gmail.com
今から、ぜひ、日程をとっておいてください。なお入場は無料です。

《ナイトdeライト》

2006年北海道札幌市で結成された希望を歌う4人組ロックバンド。ヴォーカル:平野翔一、ギター:三橋恵之矩、ベース:長沢紘宣、ドラム:田中満矢の4人によって構成される。20121月に「終わらない夢」がコンサドーレ札幌公式テーマソングに採用され、同曲は「白い恋人」でおなじみの石屋製菓のテレビCMに起用される。同年5月、1st albumphyction」(フィクション)リリース。偽りに満ちた世の中=フィクションに警鐘を鳴らす渾身の一枚。メッセージ性の強い楽曲がそろった同CDは、発売8ヶ月で3000枚販売。20131月、「虹」が大丸札幌店店内BGMとして採用される。20134月、3rd single「君はそれで素晴らしい/AKA」を発売と同時に初の全国ツアー。7都市21公演のべ3000人動員を成功。20137月、大規模野外フェスJOIN ALIVE出演。北海道から明日への希望を、生きる勇気を音楽に乗せて発信中。


  

            
 
             
 

 
  
  
  
  

0 件のコメント:

コメントを投稿